ホームへ
 
 
Google

Yahoo! JAPAN
 
【JA長崎せいひ】興善塾でお茶会
投稿日時: 2015-02-24 (546 ヒット)

JA長崎せいひ長崎中央支店の女性部員で作る「興善塾長崎伝統料理伝習所」は2月10日、支店(長崎市興善町)で長崎女子商業高等学校の女子生徒約20人を対象にお茶会を開きました。

卒業を目前に控え、これから社会人となる女子高校生に知識と教養を指導することが目的で実習形式で礼儀作法について指導しました。
長崎伝統料理伝習所は、これまで愛され食べ継がれてきた長崎の伝統料理や食文化を次世代へ伝承しようと2007年に立ち上げ、和洋中の多彩な伝統料理の再現や伝統行事に併せて料理教室を開いています。
お茶会は、同校と興善塾が協力し毎年開いています。礼儀作法の指導経験を持つ興善塾会員の越川宗寿さんが講師を務めています。生徒らは、座礼や月の雅名などの基礎知識について座学を行った後、客、亭主、菓子作りの3班に分かれて実際にお茶の立て方や味わい方、配膳の仕方等を学びました。参加した生徒は「座る位置や茶碗の置く場所なども細かく決まっていてとても難しかったがいい勉強の機会になりました」と感想を述べました。
興善塾の竹田昭子代表は「この授業を通してこれから社会に飛び立つ女子生徒たちが、女らしく素晴らしい女性となり、将来的には良いお母さんになってもらいたい」と語りました。

写真説明=興善塾講師の越川さんに茶菓子の食べ方を学ぶ生徒


   


COPYRIGHT© 2009 NAGASAKIKEN JA GROUP  ALL RIGHT RESERVED